1日中目を酷使した日は「ホットアイマスク」で疲れ目ケア!

疲れ目にはホットアイマスクライフスタイル

最近、目がしょぼしょぼしたり、目の疲れを感じていませんか?

テレワークの増加だけでなく、外出する機会が減り、以前よりもテレビやパソコン、スマートフォンなどの使用量が増えたことにより、疲れ目を実感している方が多いです。

そこで今日は、目の疲れを感じたときにおすすめのセルフケアをご紹介します。

スポンサーリンク

目が疲れた時は温めよう!

疲れ目は、長時間近くを見るなどして目を使うことで、目の筋肉が緊張して固くなってしまい起こります。そのため目の疲れを感じる時は、目を温めてあげることで、固くなっている筋肉がほぐれ、目の疲れが楽になるのです。

また、目を温めることで、目の乾燥を防ぐ「マイボーム腺」の働きも改善されるため、ドライアイ防止にもなります。

スポンサーリンク

蒸しタオルでホットアイマスク

目の疲れに蒸しタオル

お家ですぐにできる目を温める方法は、「蒸しタオル」がおすすめです。

  1. ハンドタオル(なければフェイスタオル)を用意します。
  2. タオルを水で濡らします。
  3. しっかりしぼってから電子レンジでチンします(500wで1分ぐらい)。
  4. 折りたたんで目の上にのせましょう。

目の周りは皮膚が薄いので、タオルの温めすぎにはお気をつけください!

スポンサーリンク

市販のアイテムいろいろ

そのほか、市販のホットアイマスクもあります。蒸しタオルを作るのががめんどくさい方、そのまま寝落ちしたい方は市販アイテムが便利です☆

使い捨てタイプ


USB充電タイプ


温冷タイプ


目元マッサージャー


目を温めない方がいい時

目が疲れている時は温めることで、疲れが解消されますが、逆に温めない方がいい時もあります。

  • 目が充血している時
  • 炎症が起きている時(結膜炎・花粉症など)
  • 腫れやズキズキとした痛みがある時

上記のような時は、温めることで血液循環が良くなり、逆に症状が悪化してしまうことも。そのような時は、目を冷やすことで症状がマシになります!

氷水でタオルを濡らし、目の上にのせてみてください。

まとめ

目は1日中働いているため、知らず知らずのうちに疲れをためてしまっていることも。疲れを感じる時は、早め早めのケアで目をいたわってあげてくださいね。

【参考記事】目の疲れには自分でできる「ツボ押し」もおすすめ▼
https://www.healthyathome.club/eye-strain/

タイトルとURLをコピーしました