パソコン・スマホによる「目の疲れ」に効く!自分でできるツボ押し5つ

マッサージ

パソコンやスマホなどを使うことの多い現代では、知らず知らずのうちに目を酷使しています。

目の疲れをとるには、目を閉じて休ませたり、ホットアイマスクで温めたりといろいろな方法がありますが、仕事中など忙しい時にはなかなか時間が取れないことも多いですよね。

そんな方におすすめしたいのが「ツボ押し」!どこでも手軽に行うことができ、即効性も期待できるので、目の疲れが気になる時におすすめです。

この記事では、自分で押しやすい5つのツボの場所と押し方を紹介しているので、目の疲れが気になる方はぜひ押してみてください。

スポンサーリンク

なぜ目が疲れるの?

目の疲れイメージ

目の使い過ぎ

私たちの目は、カメラのレンズのようにピントを合わせて物を見ています。このピントの調節を目の筋肉(毛様体筋)が行っているのですが、近くの物をずっと見続ける場合は、筋肉はずっと緊張状態になるため、疲労してしまいます。

そのため、長時間のパソコンやスマートフォン、細かな作業などは目の負担となりやすく、目の疲労につながります。また、度数の合っていないメガネやコンタクトも、ずっとピントを調節を行っているような状態のため、目が疲れやすくなるのです。

目の乾き

正常な目は涙で覆われているため表面が滑らかですが、目が乾くとボコボコした状態になってしまいます。

表面がボコボコした状態では、通常よりも目のピントが合いにくくなります。そうすると、なんとかピントを合わせようと無理をして目の筋肉を動かして調節するため、目の疲れが出てしまうのです。

長時間のパソコン作業などでは、集中して画面を見るためまばたきの回数が少なくなっていることが多いです。そうすると、目が乾いてしまい、さらに疲れやすくなるという状況になります。

スポンサーリンク

目の疲れに効くツボ

目が疲れたとき、無意識に目頭やこめかみを押さえている…という方も多いのではないでしょうか?

実は、目の周りには目の疲れに効くツボがたくさんあります。今回は、その中でも自分で押しやすい5つのツボの場所と押し方を解説していきます!

①攅竹(さんちく)

目の疲れに効くツボ攅竹

【場所】眉頭の内側、骨が少しくぼんだところ
【押し方】親指を立てて押します。両肘を机にのせて、頭の重さを利用してもいいですよ!

②糸竹空(しちくくう)

目の疲れにきくツボ糸竹空

【場所】眉尻の骨がくぼんだところ
【押し方】中指で支えながら、人差し指で軽く押します。

③太陽(たいよう)

目の疲れに効くツボ太陽

【場所】こめかみの少し下、くぼんだところ
【押し方】人差し指、または中指でグーッと押します。

④承泣(しょうきゅう)

目の疲れに効くツボ承泣

【場所】黒目の下の骨が当たるところ
【押し方】目を閉じて、中指で下に向かって押します。

⑤晴明(せいめい)

目の疲れに効くツボ晴明

【場所】目頭のやや上、攅竹のやや下のくぼんだところ
【押し方】両手の人差し指を当てて押します。

ツボを押すときのポイント

目の付近のツボが多いので、行う際はキレイに手を洗ってから行ってください。また、ツボを押す際は眼球を傷つけないように気をつけましょう!

気持ちが良いぐらいの強さで、5秒押しては休む数回を繰り返してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

パソコンスマホによる目の疲れ

パソコン・スマホの普及とともに、目の疲れに悩む方も増えています。しかし、なかなか使用時間を減らすというのも難しいですよね。

そんな時はツボ押しなどのケアを取り入れることで、目の負担を減らすことができます。ぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました