ちょっとお腹が空いたな…という時に「ダイエット中でもOKなおやつ」10選

フード

ダイエット中というと、おやつは絶対食べてはいけない!と思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、ダイエット中でも上手におやつを取り入れることで、ストレスも溜まりにくく逆に痩せやすくなるということも。

我慢をしすぎてリバウンドをしてしまう前に、食べても太りにくいおやつでストレスを解消し、楽しくダイエットを続けましょう。

スポンサーリンク

「ダイエット中でもOKなおやつ」10選

「ダイエット中だけど、おやつが我慢できない!」「ついつい甘い物に手が伸びてしまう…」という方に☆
ダイエット中でもOKな、ギルティフリーのおやつをご紹介します。

ビターチョコレート

ダイエット中におすすめなおやつとして、有名なビターチョコレート。「甘いものを食べた」という満足感が得られ、さらにポリフェノールや食物繊維、タンニンなど体にうれしい栄養素が摂取できます。

ただし、食べ過ぎには注意が必要。1日3〜5枚を目安に、カカオ70%以上のものを選ぶようにしましょう。

ソイジョイ

硬めの食感で食べ応えのあるソイジョイは、おやつの食べ過ぎの防止にもつながります。ドライフルーツやチョコレートなどが入っているものもあり、甘味も感じられるため、甘い物が食べたい時にぴったり。

個包装のため持ち運びもしやすく、仕事の合間の間食にもおすすめです。

SUNAO

どうしてもアイスが食べたい!という時ってありますよね。アイスクリームは砂糖も多く、高カロリーなためダイエット中は我慢している方も多いかもしれません。

そんな方におすすめなのが、江崎グリコの「SUNAO」です。糖質が大幅にカットされており、1つ食べてもカロリーは80kcal〜120kcalほど!種類も豊富なため、飽きずに食べれますよ。

プロテインバー

最近、コンビニでも見かけることが多くなってきたプロテインバー。食事でタンパク質が不足気味の方には、特におすすめなおやつになります。

成人女性の1日に推奨されているタンパク質は約50g。お肉やお魚、豆類などをあまり食べていないな〜と感じる方は、間食にプロテインバーを取り入れることで、ダイエット中に不足しがちなタンパク質が補えます!

iherbのプロテインバー

iHerbで詳細を見る

素焼きナッツ

ビターチョコレートと並んで、ダイエット中におすすめな有名おやつが素焼きナッツです。アンチエイジング効果のあるビタミンEや、脂肪燃焼に欠かせないビタミンB2が豊富なアーモンド。コレステロールや中性脂肪値を下げるオメガ3脂肪酸が豊富なくるみ。むくみ解消作用のあるカリウムが豊富なピスタチオなど、この他にもナッツには美容と健康に良い効果がたくさん!

ただし、こちらもカロリーが高いので食べ過ぎには注意。1日15〜20粒ぐらいを目安に食べましょう。

フルーツ

果物も糖が多いから、ダイエット中はなるべく食べないようにしている…という方もいるかもしれません。しかし、果物に含まれる果糖は血糖値を上げにくく、さらにビタミンCや食物繊維も取れるため、間食にもおすすめです。

特にスイカやりんご、イチゴ、グレープフルーツ、ブルーベリー、キウイフルーツなどは糖質が低いフルーツになるので、1日200〜250g(りんごなら半分、イチゴなら5粒程度)を目安に積極的にいただきましょう!

さつまいも

「食べると太る」というイメージの強いさつまいもですが、実はダイエットの間食にはぴったり。豊富な食物繊維と加熱しても壊れないビタミンC、ヤラピンという成分で便秘解消効果もあるのです!

ダイエット中の間食として食べる場合は、1日半分まで、調理法はふかし芋がおすすめです。

ヨーグルト

タンパク質や乳酸菌が豊富なヨーグルトも、ダイエット中におすすめのおやつです。特に「ギリシャヨーグルト」と呼ばれる水切りヨーグルトは、脂肪分が少なくタンパク質が豊富なのが特徴。

普通のヨーグルトよりしっかりとした食感で、食べ応えもあります。カロリーも100kcal前後の商品が多いため、罪悪感なく食べれますよ。

チーズ

お腹の調子を整えてくれる乳製品は、ダイエット中も積極的に取りたい食べ物です。チーズはタンパク質やカルシウムが豊富で、腹持ちが良いのもポイント。

6Pチーズやベビーチーズは1日1〜2個を目安に。食べすぎると塩分の取りすぎにつながるため、注意が必要です。

コンビニの低カロリーおやつ

最近では、それぞれのコンビニにからも低カロリーや糖質低めのお菓子がたくさん出ています。ついつい甘い物に手が出そうな時は、グッとこらえて低カロリーおやつを選んでみてはいかがでしょうか?

どれもとても美味しく、これがこのカロリー?!とびっくりするものもありますよ♪

スポンサーリンク

まとめ

無理なダイエットは、ストレスになるだけでなく、後のリバウンドにつながってしまうことも。

ヘルシーで栄養豊富なおやつは、気持ちだけでなく、ダイエット中に不足しがちな栄養を補う役割もあります。

おやつで摂取するカロリーは150〜200kcalぐらいを目安に、食べ過ぎに注意しながら、取り入れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました